厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

禁煙のおくすりってどんなもの?

つらいと思われがちの禁煙も禁煙補助薬を用いることで、禁煙後の離脱症状が緩和され、禁煙を比較的楽に確実にすることが可能です。日本では健康保険による禁煙治療において、貼り薬のニコチンパッチと飲み薬のバレニクリンが使えます。また一般医療用医薬品としてニコチンガムとニコチンパッチが薬局・薬店にて市販されています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

日本では禁煙治療が2006年から健康保険が適用されました。保険診療で使える禁煙補助薬として、貼り薬のニコチンパッチと飲み薬のバレニクリンがあります。これらの薬剤はいずれもニコチン離脱症状を抑制することで禁煙しやすくなり、バレニクリンでは喫煙した際の満足感を抑える作用もあります。また一般医療用医薬品として、ニコチンガムとニコチンパッチが薬局・薬店において市販されています。

禁煙補助薬を利用すると、自力の禁煙に比べて3~4倍禁煙しやすくなるという海外の報告があります。また日本の保険による禁煙治療においても治療の一環として禁煙補助薬が使用されることが多いですが、全国的な規模での治療成績の報告によると、12週間の禁煙治療を5回すべて受けた人では、約8割が治療終了時点で少なくとも4週間以上の禁煙に成功し、約5割が治療終了後9ヵ月間の継続禁煙に成功しています。

薬局・薬店で一般医薬品のニコチンパッチやニコチンガムを購入して禁煙するという選択肢もありますが、ニコチンパッチの場合、医療用医薬品のニコチンパッチと比べて用量が少なく、喫煙本数が多い人ではニコチンの補充が不十分となる可能性があります。またニコチンパッチよりも有効性が少し高い飲み薬のバレニクリンは医療機関での処方が必要です。

以下のそれぞれの禁煙補助薬について解説します。

1.【ニコチンガム】

ニコチンガム

薬局・薬店で購入できます。
ニコチンガムは口腔粘膜からニコチンを吸収させるタイプのニコチン製剤です。

噛み方

  1. ピリッとした味を感じるまでゆっくりと15回程度噛みます。
  2. ほほと歯茎の間にしばらく置きます。(約1分以上)
  3. 上記を約30分~60分間繰り返した後、紙などにつつんで捨てます。

2.【ニコチンパッチ】

ニコチンパッチ

薬局・薬店で購入できます。
禁煙外来での健康保険による禁煙治療でも処方されます。
ニコチンパッチは、身体に貼り皮膚からニコチンを吸収するタイプのニコチン製剤です。

貼り方

  1. 朝起きてすぐに上腕、背中、おなかのいずれかに貼ります。
  2. 寝る前にはがします。

※かゆみなどが出た場合は、薬剤師・医師まで相談しましょう。

3.【バレニクリン】

バレニクリン

禁煙外来での健康保険による禁煙治療で処方されます。
脳の中のニコチン受容体に作用する、ニコチンを含まないタイプの禁煙補助薬です。

飲み方

  1. 禁煙開始日7日前から食後に服用します。
    1-3日は0.5mgを1日1錠、4-7日は0.5mgを1日2錠(朝夕食後)、8日以降は1mgを1日2錠(朝夕食後)服用します。服用開始7日間は喫煙しながら服用します。
  2. 服用後8日目から禁煙してください。

参考文献

  1. 日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会
    禁煙治療のための標準手順書(第5版).
    2012.