厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

女性の健康と喫煙

特に東アジア地域において女性の喫煙率は、はるかに男性より低く著明な性差がある例として知られ、日本でも男性は40%弱ですが女性は10数%です。しかし若年女性で上昇し、健康影響の広がりが懸念されています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

女性の喫煙は、もとはあまり広がった習慣ではありませんでした。今でもアジア圏域、特に東アジア地域においては、女性の喫煙率ははるかに男性より低く著明な性差があることの例としてよく知られています。日本においても男性は40%弱になったところですが、女性は10数%で推移しています。しかし、その推移を年齢階級別にみると、日本では特に若年層、20~30代を中心に喫煙率は2割を超え、状況によっては3-4割に達する場合もあるほどです。全体的には減少傾向にあるなかで、若年女性で上昇している理由、また女性の健康への影響を考える必要があります。

現在は男女とも2割前後という状況であるアメリカにおいてですら、当初は男性の習慣であって女性喫煙者は少ないものでした。第一次大戦の時期、戦地における兵士(ほとんど男性)の喫煙によって紙巻たばこの大量生産大量消費が始まります。しかし終戦によってこの需要がなくなってしまうと消費が落ちるため、あらたな「市場」を探す必要が出てきました。そこで、たばこを吸うことが流行という方向で宣伝を行ってくという戦略がとられました。また女性の社会参加の増加など変わりゆく社会の中で、女性に新たな習慣である喫煙が入っていったといえるようです。

日本では少し状況が異なります。「たばこは動くアクセサリー」という広告も昭和半ばにもありましたが、決して女性の間で大流行という状況ではありませんでした。状況が変化しはじめるのは、1987年に輸入たばこの関税が廃止され自由に海外のたばこが日本で入手しやすくなったことや、女性の社会参加の増加など社会の変化などが重なって、女性の喫煙に意味が持たされるようになっていった側面が大きくなってきてからです。
80年代末には、細身・スリムでメンソールの香りのする、特に女性を狙ったおしゃれな製品が海外から導入されるなど、それまでのたばこのイメージも変わっていきました。広告文句の中には「長い道のりを来たね」といった象徴的なものもありましたが、この頃に日本でも女性に受け入れられる基盤ができたと考えられます。
現在では駅前の広告版やマスメディアでの広告など、たばこの広告については一定の自主規制がなされており頻繁に目にする機会は減っています。しかし成人女性むけのファッション誌などには、高級装飾品と見間違えそうな広告が見受けられます。やはり喫煙・たばこの本態を薄めた、アクセサリーのひとつのような感覚にさせられやすい状況が続いているように見受けられます。

健康影響については、男性同様女性も肺がんなどのがん・循環器疾患・呼吸器疾患などの様々なリスクがあり、ひいては寿命の縮小に繋がります。また女性は受動喫煙にさらされることも多いですが、やはり肺がん・冠状動脈疾患のリスクが高まります。

禁煙の対策は男性と同等かそれ以上ともいわれ、禁煙支援や喫煙防止の効果も男女差はほぼ見られないといわれています。しかしながら妊娠中の喫煙が保健上大きな問題のままとなっており、日本でも特に若いお母さんでは4割が喫煙しているという実態があります。特に若い女性を中心に広がりを見せる喫煙は、本人だけでなく子供などへの影響を考えると、決して小さくはない健康問題であると言えるでしょう。

参考文献

  1. 米国公衆衛生総監報告書(2004年)
    CDC(Centers for Disease Control and Prevention) / 2004 Surgeon General's Report
    http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2004/