厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

特定健診・特定保健指導とは

「特定健診・特定保健指導」では、ウエスト周囲径などを測定してメタボリックシンドロームのリスクを洗い出し、リスクの多い人たちに積極的な保健指導を行います。これは生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームの人に生活改善を促し、生活習慣病を予防しようという考えから行われるものです。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

平成20年(2008年)4月から「特定健診・特定保健指導」が始まりました。これは40歳~74歳のすべての国民に対して年1回の健診を行い、その結果を踏まえて保健指導を行うことを健康保険組合などの医療保険者に義務づけたものです。これまで機会があってもあまり健診を受けなかった、家庭の主婦などの扶養家族や自営業などの人たちも全員が受診することを目指しています。

特定健診・特定保健指導の特徴は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に照準をしぼった点にあり、ウエスト周囲径の測定を検査項目に加えました。メタボリックシンドロームのリスクの洗い出しが基本に置かれているので、俗に「メタボ健診」ともいわれます。
しかしメタボリックシンドロームがわかるだけではありません。メタボリックシンドロームを伴わない、従来の高血圧糖尿病・高LDLコレステロール血症や、腎臓・肝臓の検査項目も含まれています。健診結果にもとづき、受診者を3段階にふるい分け、それぞれに適切な保健指導を行うのが「特定保健指導」で、これも平成20年度から設けられました。最近では重症化予防の観点から、メタボリックシンドローム以外の保健指導もなされつつあります。

「健康日本21」の中間評価でも示されたように、糖尿病患者やその予備群の増加・肥満者の増加などに歯止めがかかっていません。生活習慣病の増加を、その川上にあるメタボリックシンドロームにならない段階でくい止めるために、「特定健診・特定保健指導」が実施されることになったのです。その政策目標としては、「平成27年(2015年)には平成20年(2008年)に比べ生活習慣病とその予備群を25%減少させること」としています。

公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長 宮崎 滋

筑波大学 医学医療系 社会健康医学 講師 山岸 良匡