厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

一塩基多型 / SNP

個人間における、人の遺伝情報を担うDNAの塩基配列における1塩基の違い。

▼【一塩基多型】に関連する記事一覧

アルコール依存症と遺伝

アルコール依存症の原因に遺伝が関係することは確かです。特にアルコールを分解する酵素の遺伝子による違いが依存症のなりやすさに強く影響することが知られています。さらに最近では環境による影響の受けやすさに遺伝が関係していることがわかっています。しかし具体的な遺伝子については十分にはわかっていません。

身体活動を左右する遺伝子多型

身体活動レベルを増大させることは生活習慣病や心血管疾患のリスクを低減させます。しかしながらこの身体活動レベルや運動参加といったものには、一部遺伝的要因が関与していることがわかっており、現在どのような遺伝子の違い(多型)により、それが左右されるのかを調べる研究が行われています。

身体能力と遺伝(遺伝子多型)

持久的能力や筋力といった身体能力には、一部に遺伝的要因が関与していることが明らかとなっています。近年ではどのような遺伝子における違い(多型)が関与しているかが研究されており、今後遺伝子タイプによる種目の選択や、個人に適したトレーニング方法が提供されることができるようになるかもしれません。