厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

未成年者飲酒禁止法

1922年に制定され、未成年者(満20歳未満)の飲酒の禁止などを規定した日本の法律。

▼【未成年者飲酒禁止法】に関連する記事一覧

若者の飲酒と健康、事件・事故

若者の飲酒は減少傾向ですが、男女間の飲酒行動の差が減少傾向にあります。若者の飲酒は中高年と比較して、急性アルコール中毒やアルコール依存症等のリスクが高くなり、事件・事故の関連も強く見られます。対策としては未成年者飲酒禁止法の徹底が効果的です。