厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アンジオテンシノーゲン

内臓脂肪が増えると脂肪細胞自体からの分泌が高まり、血液中のアンジオテンシンを増加させて血圧を上昇させる物質。

▼【アンジオテンシノーゲン】に関連する記事一覧

メタボリックシンドロームのメカニズム(2) アディポサイトカイン編

メタボリックシンドロームの原因である内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞が肥大・増殖し、アディポサイトカインの分泌異常が起こります。これが動脈硬化を促進し、糖尿病・高血圧・脂質異常症を発症させ、悪化させる原因です。