厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

心筋梗塞発症の危険因子:抑うつとストレス

急性心筋梗塞をはじめとする循環器疾患は、老化や高血圧・喫煙・肥満・糖尿病など全身血管の動脈硬化をきたす疾患が原因となっていますが、発症の引き金としてストレスやうつなどの影響が大きいことが知られています。成人病予防と同時に心の健康維持も循環器疾患の予防のためにとても大切です。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

循環器疾患なかでも心筋梗塞や脳梗塞は、血栓により突然動脈が閉塞して発症し、重篤な結果を引き起こす疾患です。加齢以外に喫煙・糖尿病高血圧脂質異常症・肥満などの動脈硬化をきたす生活習慣病が原因疾患として最重要視されています。しかし色々なデータベースから心筋梗塞の発症理由を調べてみると、ストレスやうつが関わっていることが明らかになっています。古くはA型性格と心筋梗塞との関連が指摘されています。目標達成感が少なく常に完全性を切望したり、いつも認められることを望み多くの事にかかわり時間に追われるように加速度的に思考や行動する、精神的身体的にてきぱきとした行動をする、という特徴を持つ人に心筋梗塞が多いと報告されました。また湾岸戦争の際に、警報やミサイル着弾にともなって心筋梗塞発症数が増加することがイスラエルより報告されました。

このような精神的・身体的ストレスが、直接・間接的に心筋梗塞を発症させる現象は日本人においても同様です。一般的に心筋梗塞の発症は、午前中の血圧上昇や血小板凝集能亢進の日内変動に合わせて午前中に多いですが、働き盛りの比較的若い男性喫煙者では夜の遅い就業中に発症するなど、社会・経済的要因の関わりがあるようです。また有職者男性では海外同様ブルーマンデー(憂鬱な月曜日)の発症が多いですが、高齢女性では土曜日の発症が多く、週末に主婦への依存度が高いことで女性配偶者へのストレスとなっている日本独自の発症要因として注目されています。

また、うつも心筋梗塞などの冠動脈疾患に多いこと、うつを持つ心筋梗塞患者さんの予後が悪いことも知られています。死因を検討すると、癌などのその他の死因ではなく、うつの存在が心血管疾患を介し生命予後に強く影響するという結果でした。
うつが生命予後に影響するメカニズムとして、うつ症状群の喫煙習慣、暴飲暴食による糖尿病、運動習慣の欠如など不健康な生活が一因と推測されています。もうひとつはうつに伴い分泌されるストレスホルモンが直接的に循環動態に悪影響を及ぼすもので、例えば血中カテコラミンの高値による自律神経異常(交感神経優位)、血小板凝集能の亢進、血管内皮機能の低下などが報告されています。大阪地区の心臓救急病院25施設で組織する大阪急性冠症候群研究会のデータによると、SDSテストにより抑うつ気分を約42%に認めています。

ストレスやうつが新しい冠危険因子として重要であるならば、その治療により心臓病疾患の良化が可能であるかもしれません。現在経済・社会状況からは、右肩あがりの経済成長はできず、仕事中心の生活スタイルの限界が予感されます。ストレスやうつに対する精神的ケアーが予防医学の点からも今後ますます重要となりそうです。

関西学院大学 佐藤 洋

参考文献

  1. Kinjo K, Sato H, Sato H, Shiotani I, Kurotobi T, Ohnishi Y, Hishida E, Nakatani D, Ito H, Koretsune Y, Hirayama A, Tanouchi J, Mishima M, Kuzuya T, Takeda H, Hori M, The Osaka Acute Coronary Insufficiency Study (OACIS) Group.
    Circadian variation of the onset of acute myocardial infarction in the Osaka area, 1998-1999 - Characterization of Morning and nighttime peaks.
    Jpn Circ J 65(7): 617-620, 2001.
  2. Kinjo K, Sato H, Sato H, Shiotani I, Kurotobi T, Ohnishi Y, Hishida E, Nakatani D, Mizuno H, Yamada Y, Fukui S, Fukunami M, Nanto S, Matsu-ura Y, Takeda H, Hori M.
    Variation during the week in incidence of acute myocardial infarction: Increased risk for Japanese women on Saturday.
    Heart 89(4); 398-403, 2003.
  3. Shiotani I, Sato H, Kinjo K, et al.
    Depressive symptoms predict 12-month prognosis in elderly patients with acute myocardial infarction.
    J Cardiovasc Risk. Jun 2002;9(3):153-160..
  4. Nakatani D, Sato H, Sakata Y, et al.
    Influence of serotonin transporter gene polymorphism on depressive symptoms and new cardiac events after acute myocardial infarction.
    Am Heart J. Oct 2005;150(4):652-658.