ADHD(注意欠如・多動症)の診断と治療

ADHDとは ADHDの有病率は報告によって差がありますが、学齢期の小児の3-7%程度と考えられています。ADHDを持つ子どもの脳では、前頭葉や線条体と呼ばれる部位のドーパミンという物質の機能障害が想定され、遺伝的要因も … Continue reading ADHD(注意欠如・多動症)の診断と治療