厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

脂質異常症(基本)

血液中の脂質の濃度が基準の範囲にない状態を脂質異常症といいます。脂質異常症には、大きく分けて血液中の脂質濃度が基準の値よりも高い「高脂血症」と、基準の値より低い「低脂血症」があります。また、原因別に分けると、原発性脂質異常症と他の疾患(肥満、糖尿病、腎疾患、内分泌疾患、肝疾患など)や薬剤使用に基づいて起こる続発性脂質異常症があります。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

脂質異常症には、大きく分けて「高脂血症」(LDLコレステロール140mg/dL以上、トリグリセライド150mg/dL以上、Non-HDLコレステロール170mg/dL以上)と「低脂血症」(総コレステロール120mg/dL未満、トリグリセライド30mg/dL未満、LDLコレステロール70mg/dL未満、HDLコレステロール40mg/dL未満)があります。

動脈硬化性疾患の危険因子となるのは、高LDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症、高カイロミクロン血症といった高脂血症と、低HDLコレステロール血症です。これらは遺伝素因、不適切な食事、運動不足、内臓脂肪型肥満などが原因となります。著明な高トリグリセライド血症では、急性膵炎のリスクが高まります。

脂質異常症の予防や治療の基本は、食生活をはじめとする生活習慣を改善することです。薬物療法が必要な場合もありますので、早めに医師に相談しましょう。

1. 体重を適正にする

いずれの脂質異常症でも、まず体に溜まっている余計な脂肪を減らしましょう。大人の場合、「身長(m)×身長(m)×22」を適正な体重(kg)の目安にします。太っている場合は、その体重に近づくように、エネルギーの摂取を調整しましょう。

2. 高LDLコレステロール血症の原因と対策

LDLコレステロールを血液中に溜めやすくする飽和脂肪酸や工業的に作られたトランス脂肪酸の摂取量を減らし、不飽和脂肪酸を摂取するようにします。食事からコレステロールを多くとりすぎている人は、コレステロールの摂取を制限することも必要です。また、積極的にコレステロールを体外へ排泄するために、食物繊維の摂取量を増やすことが役立ちます。

3. 高トリグリセライド血症の原因と対策

トリグリセライドは肝臓で余分な糖質から合成されます。これを抑えるために、糖質の摂取量を制限します。過剰なアルコールも、トリグリセライドの材料となります。アルコール摂取制限は短期間で効果が現れるので、まずは禁酒か節酒をしましょう。一方、脂肪酸のうち、n-3系多価不飽和脂肪酸は肝臓でトリグリセライドを作りにくくするため、積極的に摂取するようにします。

4. 高カイロミクロン血症の原因と対策

血液中の脂質を分解する酵素の働きが著しく悪く、空腹時トリグリセライド濃度が500mg/dL以上にもなる高カイロミクロン血症では、急性膵(すい)炎を予防するために、1日当たりの脂質摂取量を20g以下、あるいは総エネルギーの15%以下に制限します。中鎖脂肪酸の利用も有用です。

5. 脂質の酸化を防ぐ

血液中の脂質が多いと、その脂質が酸化変性をうけて動脈硬化を起こしやすい状況になります。ビタミンC・ビタミンE・カロテノイド類やポリフェノール類などの酸化を防ぐ成分を積極的に摂取するようにしましょう。

(最終更新日:2019年3月4日)

日本女子大学 家政学部食物学科 教授 丸山 千寿子

参考文献

  1. 日本動脈硬化学会
    動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド2018年版
    日本動脈硬化学会,2018.