厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)

気管や気管支が慢性的に炎症を起こし、咳や痰が続く状態。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

気管や気管支が慢性的に炎症を起こし、粘り気の強い痰が喉の方に押し出されにくくなり、咳や痰が続く病気です。

慢性気管支炎になると、気道が狭くなって息を吐きづらくなるという症状がみられます。これを気流制限といいます。症状が起こる病気に肺気腫がありますが、現在ではこれらを合わせて慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼ぶことが多くなっています。

ともに最大の原因は喫煙であることが分かっています。受動喫煙もまた症状を悪化させます。禁煙は予防だけでなく症状を軽減する上でも有効で、最も重要な治療手段であるといえます。