厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

低出生体重児(ていしゅっせいたいじゅうじ)

生まれた時の体重が2,500g未満の新生児のこと。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

生まれた時の体重が2,500g未満の赤ちゃんのことをいいます。さらに生まれた時の体重で分類されることがあります。

低出生体重児として生まれてくる理由は大きく分けて2つあります。ひとつは早産のためで、もうひとつは子宮内での胎児の体重増加が十分でない、子宮内発育制限の場合です。この子宮内発育制限は胎児自身の異常によっても起こりますが、妊婦の喫煙のほか、低栄養状態(やせ)や飲酒などが原因となって起こる場合があります。