厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

主流煙(しゅりゅうえん)

たばこを吸う際に発生する煙のうち、喫煙者が口から直接吸い込む煙のこと。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

喫煙時にたばこそのものを通って直接口に入ってくる白色の煙のことをいいます。
これに対し、たばこの先端から立ちのぼる煙を副流煙といいます。

燃焼温度の違いから主流煙と副流煙の組成は若干異なっています。
フィルターを通った煙は粒子成分と気相成分(ガス成分)に分けられます。粒子成分には主にニコチンやタールなどが含まれ、気相成分には一酸化炭素・一酸化窒素・アンモニア・ホルムアルデヒドなどの刺激性物質、ニトロサミンやベンゼンなどの発がん物質、その他毒性を持つ物質が多数含まれています。主流煙はフィルターを通って酸性になっているため、副流煙より刺激が少なくなっていますが、もちろんこれらの有害成分は含まれています。