厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

胃潰瘍(いかいよう)

胃酸によって胃の壁が傷つけられ、痛みや出血を起こすこと。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

胃から分泌される胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌のバランスが崩れ、胃酸によって胃壁が傷つき、痛みを感じたり出血を起こす病気のことです。胃潰瘍と十二指腸潰瘍を総称して消化性潰瘍とも呼びます。

胃の粘膜に対する攻撃因子と防御因子のバランスが崩れる原因はいくつか考えられます。喫煙は胃酸の分泌を多くするため粘膜に対する攻撃因子となり、同時にニコチンが粘膜の血流を妨げるため防御因子を低下させるという二重の意味で悪影響を及ぼします。喫煙者ではヘリコバクター・ピロリ(後述)の感染率が高くなるというデータもあります。禁煙は胃潰瘍の治りをよくするだけでなく、再発率を低くすることもわかっています。

近年ではヘリコバクター・ピロリという細菌の感染が胃潰瘍の発症に大きく関わっていることが明らかになりました。また、非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAID)は胃の粘膜を保護するプロスタグランジンという物質を作る力を低下させます。このほか、ストレスやお酒の飲み過ぎも胃潰瘍との関連が深いと考えられています。