厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

インクレチン(いんくれちん)

食事をとると小腸などから分泌され、膵臓を刺激してインスリンの分泌を促すホルモン。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

食事をとると小腸などの腸管から分泌され、膵(すい)臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促すホルモンです。

インスリンは血糖の細胞へのとりこみなどに働きますが、そのインスリンの分泌や作用が低下すると高血糖となり、やがて2型糖尿病をまねきます。

インクレチンはGIP、GLP-1の2種類が知られ、このうちGLP-1(グルカゴン様ペプチド1)はインスリンの分泌促進に加えて、食欲を抑制し、さらにインスリンが分泌される膵β細胞の増殖を促す作用があるとされています。このことに注目して、GLP-1の皮下注射薬の開発が進められています。

また、GLP-1はDPP-4と呼ばれる酵素によって活性を失いますが、この分解酵素の働きを阻害することでGLP-1の作用効率を高める経口内服薬(DPP-4阻害薬)が開発され、副作用も少なく血糖値を良好にコントロールできる新しい治療薬として期待されています。