厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

レムナント / 中間型リポたんぱく(れむなんと)

脂肪の燃えかす。
内臓脂肪の蓄積に伴って血液中に増え、血管壁や赤血球に入りこみ、動脈硬化や血栓症のリスクを高める。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

レムナントは脂肪が不完全燃焼したときにできる燃えかすのようなもので、内臓脂肪の蓄積に伴って血液中に増えやすい物質です。レムナントリポたんぱくあるいはレムナント粒子、中間型リポたんぱく(IDL: Intermediate Density Lipoprotein)とも呼ばれ、小粒子高密度LDL(スモールデンスLDL)とともに、動脈硬化惹起リポたんぱくとされています。

レムナントはそのままの形で血管壁に入りこむため、動脈壁が厚くなり血液の通り道を狭めて血流を妨げます。レムナントはまた赤血球の膜にも入りこみますが、そのために赤血球が固くなって毛細血管を通り抜けられなくなり、ついには毛細血管を破ります。血管の破れた場所には修復するために血小板が集まって血栓を形成し、血管を詰まらせてしまいます。

メタボリックシンドロームの人に生じやすいレムナントは、こうして動脈硬化を進めて血栓症をまねく悪玉物質の一つとして注目を集めています。