厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

FFA / 遊離脂肪酸(FFA / ゆうりしぼうさん)

脂肪細胞内にたくわえられた中性脂肪が分解され、血液中に放出されたもの。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

脂肪細胞は中性脂肪(トリグリセリド)をたくわえていますが、FFA: free fatty acid (遊離脂肪酸)はこの中性脂肪がホルモン感受性リパーゼという酵素の働きで分解され、グリセロールとともに血液中に放出されたものです。

FFAは、血液中を運ばれて体内の各組織でエネルギーとして利用されますが、余剰分は肝臓にとりこまれ、中性脂肪に再合成されます。血液中のFFA濃度は通常、これらのバランスによって一定に保たれています。

FFAは水と脂肪をなじませる両親媒性という性質をもち、多量に存在すると界面活性作用によって細胞膜を溶かし、細胞を破壊します。FFAは心臓の筋肉を動かすエネルギー源でもありますが、心臓の状態が良くない時に血液中のFFAが増えすぎると心不全を引き起こすことがあります。

肥満改善のためにすすめられることが多い有酸素運動ですが、激しい運動を長時間続けると、血液中のFFAが増加します。また、アルコールの摂取は脂肪細胞からのFFAの放出を促す作用があります。

他方、血液中のFFAを減らす働きをするものとしてインスリンやニコチン酸などが知られています。