厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

肥満遺伝子(ひまんいでんし)

エネルギー代謝に関連する遺伝子。太りやすさや肥満のタイプを左右する。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

肥満遺伝子は、エネルギー代謝に関連する遺伝子です。現在までに50を超える関連遺伝子が発見され、β3アドレナリン受容体(β3AR)・脱共役たんぱく質1(UCP1)・β2アドレナリン受容体(β2AR)などの遺伝子変異と肥満との関係が明らかにされています。

β3ARの変異をもつ人は中性脂肪の分解が抑制され、基礎代謝量が低くなります。倹約遺伝子とも呼ばれ、エネルギーを節約できる体質の者だけが生存できるような飢餓時代を経て変異したものと考えられていますが、今日のような食生活の豊かな環境ではエネルギーの過剰摂取から肥満をまねきやすい要因となります。

UCP1の変異をもつ人ではエネルギーを燃焼させる多胞性脂肪細胞(褐色脂肪細胞)の働きが低下しておりやはり基礎代謝量が低くなりますが、β2ARに変異をもつ人は逆に基礎代謝量が多く太りにくい体質とされます。

日本人のおよそ3人に1人がβ3AR、4人に1人がUCP1の肥満遺伝子をもっていると推定されていますので、太りやすい体質の人が意外に多いことになります。