厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アディポネクチン(あでぃぽねくちん)

脂肪細胞から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)のうち善玉物質のひとつ。動脈硬化や糖尿病を防ぐ。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

アディポネクチンは脂肪細胞が特異的に分泌する生理活性物質(アディポサイトカイン)の一種で、動脈硬化糖尿病を防ぐ善玉物質として注目されています。

動脈硬化の進展には、白血球の仲間であるマクロファージが関わっています。酸化されたLDLコレステロールが血管壁に沈着すると、マクロファージが次々にとりこみ、ついには動けなくなってプラーク(病巣)を形成します。こうして血管壁がこぶのようにふくれ、内腔を狭めて詰まりやすくなるのが粥状動脈硬化です。
アディポネクチンには傷ついた血管を修復したり、マクロファージの血管壁への接着やLDLの貪食を抑制するなどの有用な働きがあることがわかっています。アディポネクチンはさらに、インスリン感受性を高めてインスリンの分泌を節約して糖尿病を防ぐ働きも担っています。

アディポサイトカインの多くは肥満に伴って脂肪細胞からの分泌が亢進しますが、アディポネクチンは逆に内臓脂肪が増えれば増えるほど、その分泌が低下し血液中の濃度が低下します。肥満を改善し内臓脂肪を減らすことはアディポネクチンの分泌を正常化させ、低アディポネクチン血症の改善につながります。