厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

18歳から64歳の人を対象にした身体活動指針(アクティブガイド)(じゅうはっさいからろくじゅうよんさいのひとをたいしょうにしたしんたいかつどうししん)

身体活動を実践することによって、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモ、うつ、認知症などになるリスクが下がることが報告されています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

詳細リーフレット(PDF)

(最終更新日:2021年2月17日)

澤田 亨

澤田 亨 さわだ すすむ

早稲田大学 スポーツ科学学術院 スポーツ疫学研究室 教授

高知県出身。スポーツや身体活動と健康の関係を疫学的に調査するスポーツ疫学の研究者。これまでに発表した研究が身体活動・運動分野における健康政策のエビデンスとして採用されている。