厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

長座位体前屈(ちょうざいたいぜんくつ)

両膝を曲げずに座位姿勢を取った状態から腰関節を前屈させ、前屈の度合いを長さで測定することで柔軟性を評価する方法。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

長座位体前屈測定の目的は、柔軟性の度合いを知ることです。主に太腿の裏側(ハムストリング)と腰部の柔軟性を評価します。
過去には長座位ではなく、立位体前屈で測定されていましたが、立って頭を下げた状態で測定すると中高年者には脳血管系事故等のリスクを伴うことと転倒する危険性があるため、立位より安全に行なえる長座体前屈が考えられ広く実践されるようになりました。

壁に腰・背中・頭を密着させて長座の姿勢をとり、腕を伸ばした状態を0とし、腰関節を前屈させ、指先が到達した長さで測定します。膝を曲げたり反動をつけたり片手を余分に伸ばしたりしないようにして2回測り、良い方の記録をとります。

長座位体前屈の成績は、17-18歳までは増加しますが以降加齢に伴って低下していきます。男性と女性を比較するとほぼ全ての年代で女性の方が優れています。