厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

関節可動域 / ROM(かんせつかどういき)

各関節が運動を行う際の生理的な運動範囲。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

身体の各関節が、傷害などが起きないで生理的に運動することができる範囲(角度)のことを示します。

関節可動域の測定は、自然に立っている状態で体幹や四肢のとる肢位を解剖学的肢位0°とし、関節角度計を用いて関節の運動範囲を5°刻みで測ります。
関節可動域は、靱帯・腱・筋肉および関節包がどの程度強固に関節を取り巻いているかによって決まります。これらの構造がよりゆるく柔軟であればあるほどより大きく動くことができ、逆に強固であるほど動きは小さくなります。
代表的な関節の運動の可動域は以下の通りです。

  • 膝の屈曲:0-125°
  • 足首の底屈:0-50°
  • 背屈:0-20°
  • 肘の屈曲:0-160°
  • 手首の屈曲:0-90°
  • 伸展:0-70°

(最終更新日:2019年7月30日)

澤田 亨

澤田 亨 さわだ すすむ

早稲田大学 スポーツ科学学術院 スポーツ疫学研究室 教授

高知県出身。スポーツや身体活動と健康の関係を疫学的に調査するスポーツ疫学の研究者。これまでに発表した研究が身体活動・運動分野における健康政策のエビデンスとして採用されている。