厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

レプチン(れぷちん)

脂肪組織で作られる、食欲の抑制とエネルギー代謝の調節に関わるホルモン。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

脂肪細胞から分泌されるペプチドホルモンで、アディポサイトカインの代表的なものです。
インスリンの刺激を受けて作り出され、視床下部にある満腹中枢に作用して食欲を抑えます。また交感神経を活性化させて脂肪を燃やし、エネルギーの消費を促すことで肥満を抑制する働きがあります。

遺伝性肥満マウスの原因遺伝子を研究する過程で、1994年に発見・命名されました。
通常は食欲を抑える働きをしますが、肥満が進むとレプチンの分泌量が相対的に少なくなるだけでなく、レプチンの働きが悪くなってきます。これをレプチン抵抗性といいます。
またレプチンは交感神経を活性化させるため、血圧を上昇させる作用もあります。このほか免疫調節機能などさまざまな働きがあることが分かってきています。