厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

スポーツ心臓(すぽーつしんぞう)

持久力を要する運動を長期間続けていた競技者などが持つ、通常より大きく肥大した心臓。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

マラソンや水泳などの持久力を必要とする競技の選手の心臓が、通常よりも大きくなることを指します。心室の内腔が拡大し、心筋が厚くなった結果起こります。

かつては、この心臓の肥大が病的なものであるのかどうかがはっきりしていませんでした。現在では心エコー(心臓超音波検査)といった検査技術の発達により、スポーツ心臓が健康的な変化であり、競技能力を高めるために身体が適応した結果であることが明らかになっています。

大きな特徴としてあげられるのは心拍数の低下です。これは筋肉が発達した結果、1回の拍動で血液をより多く送り出すことができるようになり、少ない拍動でも全身に十分な酸素を運ぶことが可能なために起こる現象です。

これらの症状が病気による心臓の肥大ではなくスポーツ心臓であるとするには、高校生以上であること・耐久競技選手であること・数年以上のトレーニングの継続といった条件に当てはまるかどうかをまず考えます。
トレーニングを中止すれば、およそ1年以内に心臓の肥大は元に戻るとされています。かつてスポーツ選手であったとしても、運動をやめてから何年も経っているのに心臓が大きい場合には、スポーツ心臓ではなく何らかの病気のために心臓が肥大していると考えられます。