厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

久里浜式アルコール症スクリーニングテスト / KAST(くりはましきあるこーるしょうすくりーにんぐてすと)

1978年に日本で最初に作られたアルコール依存症のスクリーニングテスト。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

14項目の質問からなり、最近の6ヵ月について基本的に「はい」か「いいえ」で回答するようになっています。各々の回答に、重みづけされた得点がついていて、その得点を合計します。得点は-6.1点から21.3点に分布していますが、2点以上だと「アルコール依存症の疑いがある」と判定します。

今まで、本来の目的であるアルコール依存症のスクリーニングの他に、疫学調査でアルコール依存症者数を推定する目的などで広く使われてきています。しかし、標準化から30年以上も経過していることから最近改定され、新KASTとして生まれ変わっています。念のために古いバージョンのKAST(旧KAST)の質問票を添付しました。

KAST(久里浜式アルコール症スクリーニングテスト)

最近6ヶ月の間に、以下のようなことがありましたか。 回答カテゴリー 点数
1 酒が原因で、大切な人(家族や友人)との人間関係にひびがはいったことがある。 ある
ない
3.7
-1.1
2 せめて今日だけは酒を飲むまいと思っても、つい飲んでしまうことが多い。 あてはまる
あてはまらない
3.2
-1.1
3 周囲の人(家族、友人、上役など)から大酒飲みと非難されたことがある。 ある
ない
2.3
-0.8
4 適量でやめようと思っても、つい酔いつぶれるまで飲んでしまう。 あてはまる
あてはまらない
2.2
-0.7
5 酒を飲んだ翌朝に、前夜のことをところどころ思い出せないことがしばしばある。 あてはまる
あてはまらない
2.1
-0.7
6 休日には、ほとんどいつも朝から酒を飲む。 あてはまる
あてはまらない
1.7
-0.4
7 二日酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしたことが時々ある。 あてはまる
あてはまらない
1.5
-0.5
8 糖尿病、肝臓病、または心臓病と診断されたり、その治療を受けたことがある。 ある
ない
1.2
-0.2
9 酒がきれたときに、汗が出たり、手が震えたり、いらいらや不眠など苦しいことがある。 ある
ない
0.8
-0.2
10 商売や仕事上の必要で飲む。 よくある
時々ある
めったにない・ない
0.7
0
-0.2
11 酒を飲まないと寝つけないことが多い。 あてはまる
あてはまらない
0.7
-0.1
12 ほとんど毎日3合以上の晩酌(ウィスキーなら1/4本以上、ビールなら大瓶3本以上)をしている。 あてはまる
あてはまらない
0.6
-0.1
13 酒のうえの失敗で警察の厄介になったことがある。 ある
ない
0.5
0
14 酔うといつも怒りっぽくなる。 あてはまる
あてはまらない
0.1
0