厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

自助グループ

自助グループはある障害を持つ者同士が互いに励ましあいながら、その障害を様々な形で克服していくための集団です。自助グループの原型は、米国で1930年代に設立されたアルコール依存症者による「AA」です。このAA方式は以後、他の多くの障害にも応用されてきています。アルコール依存症の回復は、断酒継続が大原則です。自助グループへの参加は、断酒を継続するために非常に重要です。日本におけるアルコール依存症の主な自助グループは断酒会とアルコホーリクス・アノニマス(AA)です。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

1. 自助グループとは

ある障害を持つ者同士が互いに励ましあいながら、その障害を様々な形で克服していくための集団を自助グループと呼びます。この自助グループの原型は後で述べる「AA」です。1930年代の米国で共にアルコール依存症であった株のディーラーのビルと外科医のボブが、断酒のためのミーティングを行ったのが最初です。依存に関するグループ治療の原型でもあるこのAA方式は以後、他の多くの障害にも応用されてきています。

アルコール依存症の回復は、断酒の継続が大原則です。自助グループへの参加は、断酒の継続に大きく貢献します。アルコール依存症の治療施設で、患者に自助グループへの参加を強く勧めるのはそのためです。

日本では、断酒会とAAが有名です。これ以外にも小さな自助グループが存在します。自助グループの情報をもっと知りたい、または参加してみたいと思われる方はまず、断酒会AAのホームページを参照ください[1][2]

2. 断酒会

断酒会は、1950年代にAAを原型としてまず東京次いで高知に結成され、1958年に両者が合流して全日本断酒連盟(全断連)を組織したところがその出発です。その後日本の風土にあったグループとして独自の発展を遂げてきました。断酒会(支部)は規模の大小はありますが全国津々浦々に約530あり、全断連がこれをまとめています。会員数は約10,000人弱といわれています。

断酒会の活動は各断酒会の例会がその中心です。全断連のホームページによると「断酒会活動の基本は例会である。この例会は大小の差はあるが20名くらいで約2時間、酒害体験を話し、それを聴く。家族も参加する。家族も酒害体験を話す。」となっています[1]。多くのアルコール依存症の回復に貢献するために、例会を病院内や交通刑務所などでも開いています。

3. アルコホーリクス・アノニマス(AA)

アルコホーリクス・アノニマス(Alcoholics Anonymous:無名のアルコール依存症者たち)は、1970年代に日本に導入されました。都市部を中心にメンバーが増えてきていますが、公式の統計がないためメンバー数は不明です。断酒会の支部に相当するのがグループですが、全国に約500存在すると推定されています。その特徴については以下のように説明されています[2]
「アルコホーリクス・アノニマス®は、経験と力と希望を分かち合って共通する問題を解決し、ほかの人たちもアルコホリズムから回復するように手助けしたいという共同体である。AAのメンバーになるために必要なことはただひとつ、飲酒をやめたいという願いだけである。会費もないし料金を払う必要もない。私たちは自分たちの献金だけで自立している。AAはどのような宗教・宗派・政党・組織・団体にも縛られていない。また、どのような論争や運動にも参加せず、支持も反対もしない。私たちの本来の目的は、飲まないで生きていくことであり、ほかのアルコホーリクも飲まない生き方を達成するように手助けすることである。(AAグレープバイン社の許可のもとに再録)」

参考文献

  1. 全日本断酒連盟
    http://www.dansyu-renmei.or.jp/
  2. Alcoholics Anonymous of Japan
    http://www.aajapan.org/