厚生労働省 メタボリック症候群が気になる方のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

片足立ちテスト(かたあしだちてすと)

足の筋力やバランス機能を調べるための評価方法。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

片足立ちテストには目を閉じて行なう閉眼片足立ちと開眼片足立ちとがあります。
片足立ちテストは足の筋力やバランス機能を調べるのに適しており、短時間で簡単に測定が可能です。高齢者で長くできる人ほど歩行中に転倒しにくいという研究データもあることから、安全な歩行の指標に適しているとされています。

開眼片足立ちの測定は、壁から50cm程度離れた位置で壁を向かって素足で立ち、両目を開けたまま両手を楽に下げ、左右どちらかの足を前方に5cm程度上げる方法で行ないます。床に着けている「支持足」がずれるか支持足以外の体の一部が床や壁に触れるまでの時間を最大一分まで測り、記録します。

年齢とともに脚力が弱まり歩行が困難になる高齢者を減らすことを目的とし、厚生労働省は開眼片足立ちが20秒以上できる人の割合を「健康日本21」の数値目標として掲げ、2010年に「75歳以上の男性で60%以上女性で50%以上」を目指す(2006年では男性約39%女性約21%)こととしました。