厚生労働省 メタボリック症候群が気になる方のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

乳酸(にゅうさん)

糖質が解糖系(嫌気的代謝)で代謝・分解されてできる生成物。
身体の中では筋肉でエネルギーを作るとき、糖(グリコーゲン)が分解されてできる。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

ブドウ糖などの糖質が解糖系(嫌気的代謝)で代謝・分解されてできる生成物です。

解糖系(嫌気的代謝)では、筋肉を収縮させるエネルギーを得るために、筋肉に蓄えられたグリコーゲンをピルビン酸から乳酸に分解します。このエネルギー発生のしくみは乳酸性機構と呼ばれており、血液中に増えた乳酸の量を測定し体内に急激にその量が増え始めた値(乳酸性作業閾値 LT: Lactate Threshold)は、運動強度の目安として用いられています。乳酸は、激しい運動をした後に蓄積することから疲労物質とも呼ばれていました。
最近では、乳酸が作られる過程で発生する水素イオンなどの作用で、筋肉のpHバランスが酸性に傾くことが疲労の一因と考えられています。血液中の乳酸は、肝臓でグリコーゲンに再合成され、再びエネルギー源として利用されます。