厚生労働省 メタボリック症候群が気になる方のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アルコールの吸収と分解

体内に摂取されたアルコールは、胃および小腸上部で吸収されます。吸収は全般的に速く、消化管内のアルコールは飲酒後1~2時間でほぼ吸収されます。吸収とともに分解も速やかに開始されます。アルコール分解の最初のステップは主に肝臓で行なわれ、その後は筋肉が主体となります。
飲酒後血中濃度のピークは30分~2時間後に現れ、その後濃度はほぼ直線的に下がります。アルコールの消失(分解)速度は個人差が非常に大きいことが知られていますが、その平均値は男性でおよそ1時間に9g、女性で6.5g程度です。アルコールの吸収や分解には多くの要因が関係しています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

1. アルコールの吸収

アルコールは他の食品と異なり、消化を受けることなく吸収されます。通常では飲んだ量の20%程度は胃から、残りは小腸上部から吸収されます。胃からの吸収に比べて、腸からの吸収は速いとことが知られています。また全般的に吸収は早く、消化管内のアルコールは飲酒後1~2時間でほぼ吸収されてしまうといわれています。
胃・腸から吸収されたアルコールは、門脈という太い静脈に入り肝臓を通過して、全身の臓器に流れていきます。門脈での血中アルコール濃度は非常に高いですが、肝臓を通過する間にかなり下がります。臓器に到達したアルコールは、単純拡散により広がっていきます。アルコールは水には極めてよく溶けるため、臓器の水分には容易に拡散します。しかし脂溶性は低いため、脂肪組織にはゆっくりと広がっていきます。

2. アルコールの吸収に影響する要因

アルコールの吸収は様々な要因に影響されます。
手術等で胃が切除されている場合には、飲んだアルコールはいきなり小腸に入ります。小腸での吸収は速いため、血中濃度が急激に上がり、悪酔いの原因になることがあります。
同様に空腹時に飲酒をすると、アルコールが胃を素通りして小腸に流れ込むので、アルコールの吸収が速くなります。空腹時に濃い酒を飲むと、アルコールの吸収が加速されて、血中濃度の上昇がさらに速くなるといわれています。
これに対して、食事やつまみと一緒にゆっくり飲酒すると、アルコールが胃に留まる時間が延びます。そのために吸収が遅くなり、血中濃度も低く抑えられます。飲酒時は、このような飲み方が推奨されます。

3. アルコールの分解

一部非酸化による経路もありますが、体内に取り入れられたアルコールの大部分は酸化により分解されます。汗・尿・便などから直接体外に排出されるアルコールもありますが、摂取されたアルコールの数%以内とされています。

この酸化過程の最初の2ステップは主に肝臓で行なわれます。図のように、まずアルコールは主にアルコール脱水素酵素(ADH)で、有毒なアセトアルデヒドに酸化されます。一部はミクロソームエタノール酸化系やカタラーゼで酸化が行なわれます。アセトアルデヒドは主に2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)で酢酸に酸化されます。1型アルデヒド脱水素酵素(ALDH1)も補助的ながら酸化に関わっています。酢酸は血液に乗って肝臓を離れ、筋肉や心臓に移動してさらに分解され、最終的には炭酸ガスと水になります。この間に1gのアルコールから、約7カロリーの熱を産出します。

図:アルコールの分解

アルコールの分解

4. フラッシング反応

日本人の約半数は少量の飲酒後に顔面紅潮・動悸・頭痛などの反応を起こします。これらの反応はフラッシング反応と呼ばれています。既述の2型アルデヒド脱水素酵素は遺伝で決まっている3つのタイプが存在します。すなわち普通に働くタイプ(活性型)、活性型に比べてアセトアルデヒドの分解が非常に遅いタイプ(低活性型)、および全く働かないタイプ(非活性型)です。後二者のタイプ(働きの弱いタイプ)の人が飲酒すると、血液中のアセトアルデヒド濃度が上がり、フラッシング反応を引き起こすのです。
この不快な反応のため飲酒をあきらめる者が多く、後二者は大量飲酒やアルコール依存症の遺伝的抑制要因になっています。近年がんのリスクとこの遺伝的なタイプとの関係が明らかになっていますが、それについては「アルコールと癌(がん)」の項目を参照ください。なおこの遺伝的タイプを簡便に見分ける方法としてエタノールパッチテストが使われています。

5. アルコールの消失(分解)速度

アルコールの吸収は速やかに行なわれます。それと共に分解も速やかに開始されます。飲酒後血中濃度のピークは30分~2時間後に現れ、その後濃度はほぼ直線的に下がります。血中のアルコール消失(分解)速度は個人差が非常に大きいことが知られています。私どもの実験結果によると、消失速度の平均値は男性でおよそ1時間に9g、女性で6.5g程度です[2]。ビール中ビン1本(20g)が、分解されるのにおよそ男性では2.2時間、女性では3時間程度かかります。これはあくまでも平均値ですから、目安と考えてください。

6. 消失速度に影響する要因

要因としてまず挙げなければならないのは肝臓の大きさです。大きい方がアルコールの分解は速くなり、体の大きい人は小さい人より、また一般的に男性は女性より速いのはこのためです。
一方で既述の2型アルデヒド脱水素酵素の遺伝的タイプも消失速度に影響しています[3]。非活性型はアルコールの分解が非常に遅いことが知られていますが、実験をすることが難しいため詳細は明らかになっていません。低活性型は活性型に比べて幾分遅くなることがわかっています。アルコール脱水素酵素の遺伝的タイプも影響しているという研究報告もありますが、これを否定する論文もあります。
最後に年齢の影響も考慮しなければなりません。消失速度は中年に比べて年少者や高齢者で遅いことが知られています。

7. 酒に強い・弱い

一般に酒に強い人はアルコールの分解の速い人で、弱い人は分解の遅い人と考えられています。またフラッシング反応のない人は強い人で、反応のある人は弱い人とも考えられています。どちらも正しいのですが、もう一つ重要な点があります。
フラッシング反応を示さない人でも、すぐに酔ってしまう人とかなり飲んでもビクともしない人がいます。これは脳のアルコールに対する感受性の違いによるものです。飲酒を続けると酒に強くなります。これはアルコールの分解速度が速くなることにもよりますがその影響は相対的に小さく、多くは脳の神経細胞が機能変化を起こし、感受性が下がることで説明されています。専門用語では、このプロセスを耐性の獲得と呼んでいます。また感受性は遺伝的な影響も大きく、飲み始めから酒に強い人もいます。このような人はアルコール依存症のリスクが高いといわれています。

参考文献

  1. 樋口 進ほか (編).
    健康日本21推進のための「アルコール保健指導マニュアル」.
    社会保険研究所, 東京, 2003.
  2. 松下幸生, 樋口 進ほか.
    アルコールクランプ法によるアルコールおよびアセトアルデヒド代謝の検討.
    論文未発表.
  3. Yamamoto K, Ueno Y, Mizoi Y et al.
    Genetic polymorphism of alcohol and aldehyde dehydrogenase and the effects on alcohol metabolism.
    Jpn J Alcohol Drug Depend 28: 13-25, 1993.